最近の投稿

ゼラニウムの保湿オイルで、かかとのお手入れ

クリームを塗っているのに、かかとが荒れる。
そんなとき、ゼラニウムの保湿オイルはいかがでしょう。
かかとは皮脂が分泌されないので、たっぷりの油分を補充することが大事。
靴下やポリ袋を組み合わせれば、一晩でツルツルに変わります。

材料・道具

ゼラニウム……1滴
オリブ油……小さじ1
小皿
ポリ袋
靴下

作り方・使い方


ゼラニウム(1滴)とオリブ油(小さじ1)を、小皿に入れて混ぜます。
保湿オイルのできあがりです。


寝る前にかかとに伸ばしたら、ポリ袋で包み、ゆるめの靴下を履きましょう。
翌朝なめらかになっています。

皮脂が足りないかかと、ゼラニウムでサポートしましょう

40代のころから、お風呂上がりのスキンケアが欠かせなくなりました。
手を抜くと、かゆくなったりヒリヒリしたりするのです。
特にかかとは、お手入れをさぼるとヒビが入り、
床に足をついたときに痛みを感じることもあります。

かかとは、基本的に皮脂が分泌されません。
皮脂腺は毛穴の奥にありますから、
足の裏や手のひらなど、毛の生えない部位に皮脂は出ないのです。
夏場は空気中の湿気や汗がたすけてくれますが、
秋以降は外から油分を補充しないと、乾燥が増すばかりです。

そこで、ご紹介したいのが、オリブ油とゼラニウムを組み合わせた保湿オイル。
オリブ油とは、第三類医薬品に分類される皮膚用のオリーブオイルです。
オレイン酸がたっぷりで、保湿効果に優れます。
ゼラニウムの精油は、皮脂のバランスをとるといわれます。
ですから、かかとのスキンケアにぴったりですし、
甘く爽やかな香りは、お休み前のリラックスタイムをやさしく包みます。

上記レシピには、保湿オイルを塗ったら靴下を履きましょうと書きましたが、
締め付けが気になる方はポリ袋のままお休みください。
オリブ油は粘度が高いので、朝まで脱げることはありません。

※アロマセラピーは治療法ではありません。体調のよくないときは、医師に相談したうえでお試しください。小さな子どもは、原則として控えましょう。

MENU