最近の投稿

【アロマレシピ】レモングラスの部屋干しで、花粉を避ける

材料・道具

レモングラスの精油……5滴

作り方・使い方


洗濯物をハンガーに干したら、レモングラス(5滴)をタオルなどの端に落とします。


ハンガーを家のなかに吊るし、エアコンや扇風機の風をあてて乾かします。

香りの風で、花粉の肌トラブルを和らげましょう

3月のある日、太ももとお腹にしっしんができました。
手のひらほどの広さがあり、アレルギーのような印象です。
春先ということを考えると、花粉のせいかもしれません。
干し物をするとき、下着は家のなかに入れていましたが、ズボンやTシャツは外でした。
それからは、衣類はすべて部屋干しすることに決めました。

ただ、部屋干しはにおいがでやすいと聞いたことがあります。
試しに、ネットで「部屋干し」と検索すると、におい対策の記事がずらりと並びます。
それらを読むと、洗濯物を長時間濡れたままにしておくと、雑菌が繁殖して、
においの原因になるとのことです。
今まで部屋干しのにおいで悩んだことはありませんが、
大量に干したらどうだろうと少し不安になりました。

そこで、試してみたのは、レモングラスの部屋干しです。
レモングラスは香りが強く、デオドラント効果が有名な精油。
ちょっとくらいのにおいなら、カバーしてくれることでしょう。
洗濯物をハンガーに干したら、レモングラスを5滴落として、エアコンの風をあてます。
すると、干し草のような甘い香りが広がりますし、乾きも早くなりました。
ひとつだけ注意したいのは、着色です。
レモングラスは薄い黄色をしているので、
精油を落とす場所は、タオルの端などを選びます。

部屋干しを徹底するようになり、おかげさまで、しっしんがでることはなくなりました。
やはり、花粉の仕業だったようです。
かゆみ止めなど薬で症状を抑えることは大切ですが、原因にあたることも大切だなあと思いました。


※アロマセラピーは治療法ではありません。体調のよくないときや、妊娠中、敏感肌の方は、医師に相談したうえでお試しください。小さな子どもは、原則として控えましょう。

MENU